父について about my father

The other day, my father, 70-year-old,  called me to get my English textbook for idiom to him. He wanted to study English more to get his English skill better.

My father is neither academic nor international, just retired senior person. And he had no responsibility for some social role.  But his English skill is not bad and he has open-mind to meet and talk to foreigners anytime in spite of his no experience to study abroad.

Several years ago, my friend, Patra came to my hometown and met my parents. My father talked to her actively without hesitation but he wasn’t satisfied with his English.  Their conversation in English was smooth. But my father thought that it was because his English was not good but Patra’s English ability was excellent.

The experience inspired him. That is why he has studied English harder. But he wants to save money because he already retired. So he asked me to get my textbook.

My father is completely ordinary. But I’m very proud of his learning attitude regardless of age.

先日父から電話があった。親不幸な娘は大体3回に1回くらいしか電話に出ない。その日は出た。「英語の教科書とか参考書とかで使ってないのがあれば欲しいんだけど、、、、イディオムとか勉強したいけど、本屋に行くと高いんだよ」と。父は四男である。しかも実家は商売をしていたので進学よりも家の手伝いが当然優先される中、海外への憧れなんかがあり、英語を本当に一生懸命勉強してきた。勉強したくて夜間の大学にも通った。昼間働いてほしい本を買ったのだろう。古い本をとても大事にしている。

勉強は頑張ったが、別に英語をつかって海外で仕事をすることもなく、ご高名になることもなく日々家族のために働いた。政治の話なんかをすれば若干うっとうしいこともある普通のおじさんである。でも私はこの普通でちょっと面倒な父をとても尊敬している。彼の勉強に対する姿勢、継続する力は素晴らしいと思う。ラジオ英会話なんて本放送、再放送も含めいろんなレベルのを本当に欠かさず毎日勉強している。留学経験もないのに、日常会話は普通にでき、私の友人の外国人を連れて帰っても積極的に話かける。インターナショナルな父。そして満足いくまで勉強し続ける。70歳過ぎてももっと勉強しないとと思うらしく、父を見ていると学び続けるということは人の宿命なのかもしれないと思う。そしてとても慎ましい。言い換えるとケチともいえる。でも、どこでも学び続けられることを人生の中で継続して実践してきた父らしい。娘は、、、父を見習って頑張らないといけない。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中